岐阜県大垣市を中心に地域のニュース、イベント、グルメなどの身近な情報を発信するオフィシャルポータルサイト
大垣地域ポータルサイト西美濃
今日の天気
西美濃ってどこ?
トップ > 西美濃な人 > ふるさとに伝わる瓢箪文化を守り育てる「養老瓢箪工房エイト8」主宰、竹内 蘭さん
西美濃な人

  • ふるさとに伝わる瓢箪文化を守り育てる
    「養老瓢箪工房エイト8」主宰、竹内 蘭さん(38)

「瓢箪は一個一個全部が違う」と、
瓢箪の魅力を話す竹内蘭さん
 親孝行な木こりの美しい心が滝の水をお酒にかえたとする「養老の滝」伝説。その養老の滝がある岐阜県養老町で、名産・瓢箪(ひょうたん)の栽培から加工・販売まで行っている「養老瓢箪工房エイト8」。竹内蘭さんは「瓢箪は一個一個全部違う。一つ一つの瓢箪が如何にして可愛く、良い瓢箪に加工していくか、デザインを考え、色付けしていくのが瓢箪づくりの面白さであり、難しさ。やっていて楽しい。これからも続けていきたいし、みなさんも、自分だけのマイ瓢箪をつくってみてはどうですか」と、熱く呼びかける。


真剣な表情で瓢箪に絵付けをする
竹内さん=養老瓢箪工房エイト8で
 東京で大学生活を送った竹内さん。ふるさとに戻り、スペインの食材を輸入して販売する個人事業の輸入品販売業を営むうちに、養老町の持つ豊かな自然や長い歴史の魅力に目覚めたという。「ふるさとにずっと住んでいたら気が付かなかったかも。離れていたから養老町の良さが分かり、養老町が大好きになった」という。2011年ごろから、町内の同世代の会社員や自営業者、主婦らと、まちづくりについて話し合ってきた。そして2013年9月、NPO法人「ヨロスト」を設立、インターネットを通じるなどして町の魅力、瓢箪の魅力を発信してきた。「ヨロスト」の活動拠点であり、スタジオは、養老鉄道養老駅の空き売店を活用。幼稚園や保育園にも町の魅力を伝えに出かけている。そんな活動の中、瓢箪の魅力に取りつかれた竹内さんは、栽培・加工に携わる人が高齢化し、瓢箪文化が途絶える寸前であることを知った。竹内さんは、先輩や知人から瓢箪の栽培を学ぶ一方、中学、高校時代は美術部に入って絵を描いていた腕前を活かして独学で加工技術を磨き、3年後の2014年1月に、養老の滝に近い自宅敷地の一角に「養老瓢箪工房エイト8」を設立した。


工房に並ぶ、可愛らしくて
心を癒してくれる竹内さんの作品
 竹内さんがつくる瓢箪は高さ約20センチの小さなサイズのランプがメーン。「ほっこり、ひっこり」した心が癒される作品で、結婚式のお祝いや好きな動物をあしらったものなど、オーダー作品が多いという。全国からオーダーメイドの注文が入るほか、インターネットを通じての商品販売もある。子どもから大人までが楽しめる「個別体験指導」も予約を受けて行っており、愛知県や三重県、北陸地方などから訪れ、絵付けをするなどして完成させて持ち帰る。だが、今は「オーダーでいっぱい。大量生産はできないので、体験指導の予約は断っている」うれしい悲鳴とか。「瓢箪は1年で育ちます。春に植えて、秋には収穫できる。熟した瓢箪を水に浸けるなど、下準備に3週間から1カ月かかる」と、うれしそう。


自然が豊かな自宅敷地に建つ
「養老瓢箪工房エイト8」
 奈良時代の女帝・元正天皇が元号を「霊亀」から「養老」に改元されて1300年。養老町では今年、それを記念して3月から12月まで多彩な行事を展開している。養老薪能(8月26日)や養老改元1300年歴史絵巻(11月3〜5日)などのほか、5月31日と6月1日の両日は全国の瓢箪愛好家が集う「第42回全日本愛瓢会総会・展示会(岐阜県養老町大会)」、11月11〜26日には「養老の滝イルミネーション」も予定されている。養老町瓢箪振興会会員であり、全日本愛瓢会会員でもある竹内さん。「町民である以上、1300年祭を盛り上げなくてはならない。それに加えて私は、全日本愛瓢会養老町大会の実行委員会の会員であり、この全国大会を目標として活動してきた。なんとしても成功させたい。瓢箪文化を仲間たちと一緒になって守り育てていきたい」と、意欲満々。
2017.05.29(子林 光和)

他の西美濃な人を見る


おすすめコーナー用イメージ画像
[OKB投資信託定時定額スタートキャンペーン]
OKBで初めて投資信託定時定額購入サービスを申し込みしていただいたお客さまにQUOカード500円分もれなくプレゼント。詳しくはご確認ください。
大垣共立銀行
おすすめコーナー用イメージ画像
[ガスde暖房SALE開催中]
ガスde暖房セール開催中です。ショールーム「ほのりんプラザ」にて展示中です。詳しくはご確認ください。
大垣ガス株式会社
岐阜県西美濃地域のオリジナル商品など販売!
関ケ原合戦の武将気分がぐっと高まる商品を取り揃えています。
関ケ原合戦の全容を描いた 関ケ原合戦図屏風(小) 好きな武将の旗を飾っても良し、合戦陣形図をつくるも良し!武将ミニのぼり旗 美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーションKAMON dECO
関ケ原合戦図屏風を高さ20cmのミニサイズで再現しました
価格:3,600円
好きな武将の旗で気分をアゲ↑よう! 武将ミニのぼり旗
価格:1,350円
美濃手漉き和紙で作られた家紋型ウィンドウデコレーション
価格:980円
西美濃 秋のお祭り特集 第二弾!
 2017年秋!芭蕉元禄楽市・楽座まるごとバザールやJAにしみの農業祭など、西美濃の個性豊かな秋のお祭りを一挙にご紹介いたします!

2017-10-24 UP!
養老改元1300年祭を楽しもう!
 元号が「養老」と改元されてから1300年の節目を迎えます。これを記念し養老町では、町を挙げて「養老改元1300年祭」が開催されます。

2017-5-25 UP!
大垣出身の漫画家が描く!「聲の形」の舞台紹介in西美濃
 大垣出身の漫画家、大今良時さんのコミック『聲の形』。作品の舞台となった西美濃のスポットをご紹介します。

2015-12-4 UP!
養老 焼肉街道を往く
 県道56号南濃関ヶ原線。又の名を「養老焼肉街道」と呼ばれる街道があるんです!近くのBBQ場の紹介もありますよ!

2014-10-10 UP!
「おちょぼさん」を楽しもう!千代保稲荷神社〜界隈めぐり
 千代保稲荷(おちょぼさん)界隈めぐりの第2弾!参道に並ぶ”食べ歩き&お土産スポット”をご紹介します。

2015-12-18 UP!
西美濃 情報サポーターの皆様よりご投稿いただいた地域のイベントや飲食店の感想・体験談などをご紹介するコーナーです。
『長?屋』でモーニング
西美濃情報サポーター大募集!

↑ページトップへ